ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

イーデン・危険な賭 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼いころから三人の妹の母親代わりをしてきたイーデン。その妹たちも皆結婚した。今は父の死後継いだ製材所をきりもりしつつ、近所の子供の面倒を見たりしてむなしく日々を送っている。ある日、末の妹が友人に部屋を貸してやってくれと言ってきた。流れ者の若い男の面倒をみるなんて、厄介なことにならないかしら?玄関でバイクの音がした。ニックというその男が来たのだ。黒いTシャツ、サングラス。ほほえんだ顔はハンサムだ。妹の言葉が再び頭の中に響く。“お姉さん、きっと彼に恋をするわよ”

めぐりゆく季節 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大学で経営学の学位を取ったクリスは大企業に就職したかったが、意志に反して父の農場を継がなければならなかった。そんなある日、彼女は町へ農場の人手を集めに行って、労働者というには程遠い優雅で上品な男を雇うことになった。シルクのシャツを着、爪にマニキュアを施した、およそこ田舎町には不釣り合いな男、ピアス。彼は外見とは裏はらに、切羽詰まっていた。金持の女性のお相手―エスコートをして暮らしてきたが揉め事を起こして着のみ着のまま農場に逃げこむはめになったのだ。もとの世界に戻れない彼に激しい肉体労働の待つ日々が始まる。やがてまったくちがう生き方をしてきたふたりのあいだに、作物の成長と共に目に見えない愛が芽生えはじめた。しかし、強く冷酷な雨が突然農地を襲った。

夕日を見つめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あのニール・グラントに会えるんだわ”海洋生物学者リルは胸を躍らせていた。今、コーラル・キー海洋研究所では、小型潜水艇で深海調査を行う画期的な計画がすすめられている。だが、その操縦士としてやってくるニールには暗い過去があった。3年前自ら操縦する潜水艇で3人の乗組員を死なせてしまったのだ。そのために研究所内での彼への風当たりも強かった。“でも、あの事故は彼の責任ではないわ”事故調査委員会に参加したリルはそう確信していたし、腕の立つ優秀な操縦士としてニールを迎えるつもりでいた。ところが、なぜか彼は冷たい目でリルを一瞥しただけだった。これから一緒に仕事をするというのに、こんな態度をとるなんて。期待を裏切られたようでリルは先行きが不安になった。

ふたりの渚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
暗い路上を照らすヘッドライト―かすかな接触音―道端に横たわる子供の姿…。“まさか!”アンジェラ・カラザースの体を恐怖が貫き、一瞬夫と娘を同時に失った三年前の記憶が脳裏をよぎる。子供をかつぎこんだ病院で彼女は医師パトリックと出会い、ふたりの仲は急に深まっていった。だが、アンジェラはどうしても三年前の事故を打ち明けられない。彼のほうにも語れない過去があるという。ふたりはお互いの心の秘密を前にして立ちすくむ。愛をつなぎとめておくためにはすべてを打ち明けることだが、人には永遠に心の底に閉じこめておきたいこともある。アンジェラはしだいに狂気の渕へと歩んでいった。

春に愛を見つけて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“プレイボーイのカーヒル”こと、グリフィン・カーヒルが赤ん坊を抱いて立っている。ヘザーはわが目を疑った。聞けば、彼は生後八カ月の双子の甥を預かるはめになり、切羽詰まってヘザーに助けを求めてきたらしい。元婚約者のグリフィンには、これまで何度も失望させられた。ヘザーが彼を必要としていたときには応えてくれなかった。彼の頼みをきく気も、これ以上かかわりを持つ気もないのに、赤ん坊を守らなければという衝動に突き動かされてヘザーはつい、面倒をみる役を引き受けてしまう。だが、かつて愛したグリフィンの青い瞳を見た瞬間、自分がどれほど危険なことをしようとしているかに気づいた。わたしはまた彼に傷つけられてしまうのだろうか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
オブライエン,キャスリーン
フロリダの生まれ。小学一年生のときに七ページの物語を書いたのを皮切りに、ストーリーを語り続けてきた。大学を卒業して新聞社の仕事に就き、テレビ番組評などを書いていたが、同業のジャーナリストと恋に落ちて結婚。マイアミに居を構えた。彼は今もすばらしい夫である。娘が生まれたあと自宅でできる仕事として、再び小説を書き始め、ロマンス作家として人気を確立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛へのパスワード (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
降りだした雪を避けるため山小屋に駆け込んだクインは、中にいた険しい形相の男性に驚き、足をくじいてしまった。ホイットという名のその男には人を寄せつけない雰囲気があり、おまけに銃を持っているようだ。報道されていた指名手配犯では?なんとか早く逃げなくては。実はクインは、出産を間近に控えていた。それを知るとホイットは、意外な心優しい一面を見せる。一刻も早く下山しなくてはならない彼女と、寂しげな横顔に秘密を隠したホイットとのあいだに、それぞれの命をかけた不思議な絆が芽生えはじめた。

やさしい狼 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
渾身の力をこめてリーラは男の横っ面を引っぱたいた。「出ていって。二度とわたしの前に現れないで!」「あとで後悔するなよ」そう捨て台詞を吐いて男が出ていこうとしたところへ、ちょうどウィンがやってきた。ヘルスクラブのインストラクター、リーラとジャーナリスト、ウィン。ふたりはウィンがクラブに取材しに来て以来のつきあいだ。「あの男、このあいだのパーティーのときもきみを困らせていたね」「つまらないことよ。忘れましょう」「いや。きみは十年前、写真家のあの男に発掘されてモデルになった。彼専属のモデルで同棲もしていた。そして売れだしたとたん、きみは突然ニョーヨークから姿を消した。なぜなんだい?」「どうして…どうしてそんなことまで知っているの?調べたのね!」「きみを愛しているから…いったいあいつとなにがあったんだ?」“さんざん利用されて、やせるために多食嘔吐症にまでなったのよ”でも、リーラは言えなかった。過去はあまりにもみじめすぎる…。

愛が見えなくて―シェルター・バリー物語〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベッカとウィルは子どもにこそ恵まれなかったが、長いこと、絵に描いたような幸せな結婚生活を送ってきた。だが、あんなに待ちわびていたはずの妊娠が確認されたとき、ベッカは大きなショックと不安に揺れることになった。すっかり諦めていた出産に対処する自信がまったくない。もう若くなく、リスクを負っての出産は危険だと医師は言う。それを正直に夫に告げると、ウィルはまるで見知らぬ女を見るような目で彼女を見た。彼にしてみれば、子どもは二人の長いあいだの念願だったのだ。出産を迷う妻など、どうしても理解できない。その日から、なんの疑問もなかった結婚生活が急に崩れ始める。結局のところ、二人とも、相手のことが何もわかっていなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作に期待が集まっている。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

春に愛を見つけて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“プレイボーイのカーヒル”こと、グリフィン・カーヒルが赤ん坊を抱いて立っている。ヘザーはわが目を疑った。聞けば、彼は生後八カ月の双子の甥を預かるはめになり、切羽詰まってヘザーに助けを求めてきたらしい。元婚約者のグリフィンには、これまで何度も失望させられた。ヘザーが彼を必要としていたときには応えてくれなかった。彼の頼みをきく気も、これ以上かかわりを持つ気もないのに、赤ん坊を守らなければという衝動に突き動かされてヘザーはつい、面倒をみる役を引き受けてしまう。だが、かつて愛したグリフィンの青い瞳を見た瞬間、自分がどれほど危険なことをしようとしているかに気づいた。わたしはまた彼に傷つけられてしまうのだろうか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
オブライエン,キャスリーン
フロリダの生まれ。小学一年生のときに七ページの物語を書いたのを皮切りに、ストーリーを語り続けてきた。大学を卒業して新聞社の仕事に就き、テレビ番組評などを書いていたが、同業のジャーナリストと恋に落ちて結婚。マイアミに居を構えた。彼は今もすばらしい夫である。娘が生まれたあと自宅でできる仕事として、再び小説を書き始め、ロマンス作家として人気を確立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

DNAの迷宮 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フェイスの妹レイシーが、双子を産んだあと亡くなった。その親権をめぐり、いま裁判が行われている。臨終の妹から直接親権を託されたフェイスはもちろん、レイシーの別れた夫マイケルと、束の間の交際相手キップが、三者三様に双子は自分のものだと主張して譲らない。結論はDNA鑑定の結果を待つこととなった。ところが驚いたことに、双子の父親は一人ではなく、マイケルもキップもそれぞれに父親だと判明した。誰が父親だろうと、双子は引き離せないわ。決意を固めるフェイスに、マイケルが提案した―裁判を有利に運ぶために、便宜的に結婚しよう、と。ひそかにマイケルを慕っていたフェイスの心は激しく揺れた。スーパーロマンスの人気作家によるミニシリーズTwins。双子という不思議な絆に結ばれるきょうだいをテーマにした興味深い物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォックス,ロズ・デニー
カレッジの旅行科専攻で、旅行業のスペシャリストとしてキャリアをスタートさせた。同時に執筆活動も始め、1980年代から短編小説を書きだした。結婚、子育てが一段落したのち、本格的にロマンス小説の執筆にかかり、1992年にはRITA賞の最終候補作に残る。ハーレクイン・イマージュ・シリーズではロズ・デニーという名で活躍し、スーパーロマンスではロズ・D・フォックスとして創作を続けている。長年連れ添った夫とアリゾナ州南東部のツーソンに住み、最近では孫も増えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

oooビバ!プリプレスooo 巣鴨で散策!ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo ライズスモーカーooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 電子たばこooo おいしいくだものメニューooo 千葉スポーツ施設MAPooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo ファッション.コレクションooo 鶯谷・うぐいすだにooo IIS設定備忘録ooo ひんやりooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 荒川区の情報を調べる会ooo GOGO!江戸川区!ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo