ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ふたりの渚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
暗い路上を照らすヘッドライト―かすかな接触音―道端に横たわる子供の姿…。“まさか!”アンジェラ・カラザースの体を恐怖が貫き、一瞬夫と娘を同時に失った三年前の記憶が脳裏をよぎる。子供をかつぎこんだ病院で彼女は医師パトリックと出会い、ふたりの仲は急に深まっていった。だが、アンジェラはどうしても三年前の事故を打ち明けられない。彼のほうにも語れない過去があるという。ふたりはお互いの心の秘密を前にして立ちすくむ。愛をつなぎとめておくためにはすべてを打ち明けることだが、人には永遠に心の底に閉じこめておきたいこともある。アンジェラはしだいに狂気の渕へと歩んでいった。

天使の顔をもつ女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「すみません、よそ見をしてしまって」伯父が経営する銀行の定例祝賀会にもぐりこんだスティーブは、わざとぶつかって相手の注意を引いた。最近昇進したばかりだという幹部候補生のマーマだ。“こんなうら若い女性が本当に伯父の愛人なんだろうか?”彼は伯父からマーマに遺産の一部を贈ると打ち明けられていた。霊媒に関する告発記事で賞をとったジャーナリスト、スティーブは、記者特有の本能で疑念を抱いた。たとえ愛人関係ではないにせよ、なにか裏があるはずだ。しかしそんな疑惑とは裏腹に、彼はマーマに惹かれてしまう。その翌日、伯父の孫が誘拐される事件が起こり、なんと伯父はマーマの超能力に助けを求めた。“あのマーマが超能力者だって!”スティーブはますます彼女の正体がわからなくなった。

サマー・サンライズ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オートバイをとばしてきた小柄な“少年”がラベンダー色のヘルメっトをぬぐ―。三つ編みにした蜂蜜色の髪が日光を受けきらめいた。これが財閥ビショップ一族の反逆娘、建築家のタリーだ。女には倦んだはずのイギリスの映画スター、ブラムは目をみはった。初対面はお互いに反発しあったが、それは裏返しの恋心。静かな湖畔でふたりの恋は花開くはずだった…。「わたしはイギリスに住みたくない」「ぼくはアメリカに住めない」大型トラックを運転して建築現場を飛びまわるタリーにはイギリスでの生活が想像できない。華やかな夏至の夜のパーティーを前にして結ばれるはずのないふたりを黄金色の湖が招いていた。

リン・聖なる結婚―リバーベンドの遺産〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トム・ベインズは世界中で活躍したジャーナリストだった。相棒のカメラマンを苛酷な事故で失ったあと、自分の人生の何もかもが失敗だったという思いにとらわれ、子供時代の思い出深いリバーベンドに戻ってきた。ジャーナリストとしての名声とひきかえに、大切な家族も失った。そんなトムが、これまで会ったことのないタイプの女性に出会い、ひと目ですっかり惹かれてしまう。いったい彼女は何者?リン・ケンダルはコミュニティ教会の牧師。休暇中にすてきな男性トムと出会い、たちまち恋に落ちた。でも、わたしの職業を知ると、どんな男性でも身を引いていく。わたしだって人を好きになる。恋をしたい。結婚もしたいの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アボット,ローラ
ヴァージニア州生まれ。二人の弟を引き連れて、おてんば娘としてのどかな子供時代を送った。教師という天職に恵まれ、小学校教師の仕事のすべてを愛して二十五年間教壇に立ち続ける。この間に結婚、三人の子供を引き取って離婚。さらに再婚して全部で五人の子の母となり、現在では十三人の孫もいる。ロマンス小説家としてのデビューは1996年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ずっと愛した人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ライラにとってトムは本当に特別な人だった。トムにとっても同じで、幼なじみの二人は恋人同士になった。だが、飲んだくれの粗暴な父親と掘っ建て小屋に暮らすトムと、川をはさんで向かい側の、立派な屋敷の一人娘ライラとでは生活があまりに違いすぎ、別れは、避けられないことだった。十五年後、病院で働いているライラは、大怪我を負い入院したロデオ・カウボーイが、忘れもしないトムだと知って驚いた。瀕死の彼との再会だけでも動揺したライラだが、トムの幼い娘が弟と二人だけで、父親が入院している病院近くに何日も身をひそめていたのを発見し、ショックを受けた。トムの娘は、まるで体中からとげを出しているようにかたくなで、必死に一人で小さい弟を守ろうとしている。あどけない弟のほうも、母親についてきかれるとひどくおびえる。二人を家に連れ帰ったが、ライラは謎に包まれ、途方に暮れた。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

愛が見えなくて―シェルター・バリー物語〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベッカとウィルは子どもにこそ恵まれなかったが、長いこと、絵に描いたような幸せな結婚生活を送ってきた。だが、あんなに待ちわびていたはずの妊娠が確認されたとき、ベッカは大きなショックと不安に揺れることになった。すっかり諦めていた出産に対処する自信がまったくない。もう若くなく、リスクを負っての出産は危険だと医師は言う。それを正直に夫に告げると、ウィルはまるで見知らぬ女を見るような目で彼女を見た。彼にしてみれば、子どもは二人の長いあいだの念願だったのだ。出産を迷う妻など、どうしても理解できない。その日から、なんの疑問もなかった結婚生活が急に崩れ始める。結局のところ、二人とも、相手のことが何もわかっていなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作に期待が集まっている。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

魔法のハーブ亭 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
美しい肢体をさらし、一糸まとわぬ姿で彼女は近づいてきた。ジェイコブはわれを忘れて彼女を抱きしめ、激しく求めた。「記念にこれを持っていて」彼女はネックレスを差し出した。“H”の字を崩したような奇妙な形の銀の飾りが揺れている。ジェイコブはそこではっと目を覚ました。なんて生々しい夢だ…。敏腕弁護士として名声を得た彼は、仕事に行きづまりを感じて旅に出、ここマーブルヘッドにたどり着いた。魔女狩りで有名なセイラムの隣、古くから魔女に縁のある町だ。偶然泊まった宿〈魔法のハーブ亭〉もしかり。ハーブやお守り、まじないに関する品物を階下で売っているし、宿の女主人デジレも町の人からうさん臭い目で見られている。翌朝、寝覚めの悪い頭でキッチンに行ったジェイコブは、かがんだデジレの胸もとを見て体を凍りつかせた。夢の中で見たあのネックレスが揺れているではないか。

地中海伝説 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カナダの入国管理局の係官、カレンはビザの延長を希望してやってきたドニスと面接した。地中海に浮かぶ小さな島国、サンビートの経済顧問官だという。おしゃれな人ね、それにとてもハンサムだわ。観光が目的だという彼にカレンはすぐに滞在許可証を発行した。だがその日の夜、ドニスから電話が入った。「今、留置場なんです。暴行容疑で拘留されて…」カレンの尽力でなんとか釈放を取りつけたものの、ドニスにはどこか張りつめた陰があるようだ。翌日、図書館でサンビートについて調べてみた彼女は、その国が独裁国で悪政で国民を苦しめていることを知る。悪の片棒をかついでいるような人間に手を貸してしまうなんて…。ところが数日後、ドニスは今度は不法就労で捕まった。いったい彼は何者?ここでなにをしようとしているの?

夢の彼方に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「きみはぼくの妻でエリザベスという名前なんだ」謎の連続殺人事件の犯人に襲われて頭に負傷し、記憶を失ってしまったベスの前に現れた男サムが言った。3カ月前に事件をマスコミが大きく報道して以来、この男が初めて彼女の身寄りとして名乗り出てきたのだ。いまさら夫だと言われてもにわかには信じられなかったが、ベスは病院から連れ出されるまま、ワイオミング州にあるサムの牧場に行くことにした。だが、世間から離れて一緒に暮らしているうちにベスの胸には言い知れぬ疑問が湧いてくる。織物デザイナーだったにしてはベスは織物に興味がないし、だいいち夫であるはずのサムはベスに触れようともしないのだ。“わたしはほんとうにエリザベスなのだろうか?”

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

oooTOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 新聞を読もう!ooo 将棋好き好き@千葉ooo 山手線で行く!Libraryooo 千葉の事。ooo 住宅ローンのことooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 電子たばこooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 千葉県の自然ooo 夏はプールだ千葉特集ooo ファッション.コレクションooo 板橋LOVEooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo Fight!格闘技オタク!ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo