ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ビルの上の詩人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ぬけるように青い夏の空にまだ鉄骨の骨組だけの建築中のビルがそびえ立つ。少年がジャングルジムで遊ぶような無頓着さで、細い梁の上をヘルメットをかぶった鉄筋工たちが動きまわる。光る汗、たくましい筋肉、誰よりも空に近いところで働く男たち。大学で社会学を教えるエミリーのこの夏の研究テーマは彼らだ。たまり場での鉄筋工たちの行動を観察し、その社会構造を見るのだ。ターゲットを父親の経営する工務店で働く男たちにしぼり、彼らのたまり場であるバーにウエートレスとしてもぐりこんだエミリー。その騒々しく荒々しい世界に初めは息をのむが、知り合ってみるとなかなかにいい連中のようだ。ことにあの、“本の虫”ネッド・タッカーは…。母親の生活を支え、弟の学費を出し、文学を愛するビルの上の詩人。内緒の身の上がいつか心の負担になりそうな、そんな予感が…。

内容(「MARC」データベースより)
鉄筋工たちの行動を観察し、その社会構造を調査するため、彼らのたまり場であるバーにウエートレスとしてもぐりこんだエミリー。その荒々しい世界に初めは息をのむが、知り合ってみるとなかなかにいい連中のようだ。ことにあの"本の虫"ネッドは…。

魂が帰る場所―シェルター・バリー物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
恋人ザックと出席した友人のパーティーで、ランディは親友バーバラの姿を見つけた。バーバラには女性の連れがいて、なぜかランディと顔を合わせようともしない。不思議に思ったランディがザックを促して近づいたとき、彼女は異変に気づいた。ザックの表情がひどくこわばっている。ザックには離婚歴があり、原因は彼の妻にあったとは聞いていた。妻は同性愛者で、それは自分に男性として魅力がなかったせい…。そんな思いがずっと彼を苦しめていたようだ。この人がザックの別れた妻、そして妻の相手の女性というのは、バーバラだったの!やがて、この事実が二人の関係に微妙な影を落としはじめた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作のあと単行本も執筆している。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

デザイン戦争 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ついに契約争奪戦の火ぶたが切って落とされた。闘うはメアリー・ネルvsキャル・スチュアート。ともに工業デザイナーで、それぞれデザイン会社を経営するふたりが、自分のデザインした商品を野外テストで競うのだ。全米きってのレジャー用品製造会社のこのデザイン契約がとれれば、多額の報酬が入り、ビジネスも軌道に乗せられる。負けるものかと意気込むメアリー・ネルとキャル。ところが、その野外テストは互いにミスをして引き分けた。おまけに意地っぱりなふたりのおかしな駆け引きが、それぞれの心の中に思いがけない感情を芽生えさせたようす。いけない、いけない、相手はライバル。自分を見失っては負けだ。やがて二回目の商品コンテストに臨むことになったふたり。恋と仕事をかけた第二ラウンドが始まった。

内容(「MARC」データベースより)
工業デザイナーとして、それぞれデザイン会社を経営するメアリーとキャル。全米きってのレジャー用品製造会社のデザイン契約を巡り意気込む二人だが、野外テストは引き分け、2回目の商品コンテストに臨むことに…。恋と仕事をかけた第2ラウンドが始まる。

美しいめぐりあい (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「このコンパートメント、わたしが予約しているんですけれど」シャロンは自分の寝台室を占領している男に切符を見せた。どうやら予約がダブっているらしい。誰にも邪魔されずにくつろぐつもりだった彼女はため息をついた。4年前、シャロンは夫をセスナ機の墜落事故で亡くし、今はグラフィック・デザイナーとしてなんとか生計を立てている。そして自分をみつめ直すためにマイアミに旅立つところだった。「満室だし、同室するしかないだろう」と、男は言った。思わぬ成り行きで、ふたりは一夜をともに過ごすはめになった。しかし男はスコットという名前以外、職業も生活も明かさない。シャロンは彼に惹かれたが、目的地に到着したときはぐれてしまう。お互いにどう連絡のしようもないので、シャロンはがっかりした。だが数日後、思いがけずスコットから電話がかかってきた…。

荒海の天使 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
2月の北海としては珍しく晴れていた。海に浮かんだ巨大な海洋石油掘削装置のデッキに立って海洋開発技術者トニが女には無理だといわれた仕事をやり遂げて満足感に浸っていると、突然ひとりの男に床に押し倒された。ふたりの頭上数センチのところをクレーンのフックがかすめる。これがアメリカから来たオイルマン、アンダースとの出会いだった。不注意な子供を叱るように口汚くどなられて、命の恩人であるはずの男に、トニは反発しか覚えなかった。4年前、石油掘削現場で亡くなった優しい恋人とはまるで正反対だ。男性に関心を持つまいとしてきたトニにはそのほうがよかったが、メキシコ湾の掘削には彼と組んで当たることになってしまった…。

サバンナは呼ぶ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケニヤ。十四歳までを過ごし、こよなく愛した地。そして大きな悲しみをかかえて去ることになった、今では思い出したくないわたしの故郷―。ケイトと四つ年上のアレックスとは、ケニヤでのびのびと育った。ふたりの父親どうしも仲が良く、ともに野生動物に生態を研究していた。思春期を迎え、互いに新たな感情を抱きはじめたふたりを、ある日突然、悲報が襲う。ふたりの父親が、野生動物に無惨な殺され方をしてしまったのだ。しあわせの大地は、悲しみの地に変わってしまった。ケイトはケニヤを去り、アメリカにもどった。あれから十三年。今また運命が、彼女をケニヤへ、そしてアレックスのもとへ引きもどそうとしている…。

追いつめないで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トークショー〈パーソナリティーズ〉の司会者ダイナは、テレビ関係のパーティー会場で鉢合わせした男を見て驚いた。“なんてこと!あのニール・ケリガンじゃないの”彼は以前、自分の番組で彼女のショーをけなした、辛辣な社会派キャスターだ。ダイナは彼の批評に対し反論したが、ニールは一歩も引かない。その傲慢なほどの信念の強さに彼女は反発と魅力を覚えた。それからまもなく、10代の青少年の麻薬禍をテーマとした特別番組のために、ふたりはコンビを組むことになった。子供たちは犠性者だと思うダイナと犯罪者だと言い切るニール。離婚経験者同士のふたりは対立しながらも、求め合っていった。そんな折、彼の息子アンディも一緒に三人でスキーに行った。そこでダイナはアンディの手が震えるのを見た。“まさか、アンディが麻薬を…”

秘密の一族 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼女は、クリスマス・ジェーン・ドウ―略してシージェイと呼ばれている。二十六年前のクリスマスの朝、赤ん坊の彼女は、ワトソン家の戸口に置き去りにされていた。ワトソン家で育てられ、美しい娘に成長した現在も、誰が彼女を産み、誰が捨てたのかは、依然としてわからない。当時、町始まって以来の大スキャンダルだったが、彼女を巡る謎は今また新たな影を落とすことになる。最近、町の資産家ヴィクトリア・タウンゼンドがシージェイに広大な土地を遺して亡くなった。いったいなぜ彼女に?遺族は、遺産を放棄させようと躍起だ。そして、その訴訟を担当するニューヨーク帰りの魅力的な弁護士が、事態をさらに複雑にする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォレン,リンダ
テキサスに生まれ育つ。看護婦になるのが夢だったが、在学中にリューマチ様関節炎にかかり断念。その後美術の勉強をし画家として成功するが、テレビン油で目を痛め、油絵からも離れざるを得なくなる。そして物語を書きはじめた。『秘密の一族』は彼女のデビュー作で、最も気に入っている作品でもあるという。現在、次々と新作を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

魂が帰る場所―シェルター・バリー物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
恋人ザックと出席した友人のパーティーで、ランディは親友バーバラの姿を見つけた。バーバラには女性の連れがいて、なぜかランディと顔を合わせようともしない。不思議に思ったランディがザックを促して近づいたとき、彼女は異変に気づいた。ザックの表情がひどくこわばっている。ザックには離婚歴があり、原因は彼の妻にあったとは聞いていた。妻は同性愛者で、それは自分に男性として魅力がなかったせい…。そんな思いがずっと彼を苦しめていたようだ。この人がザックの別れた妻、そして妻の相手の女性というのは、バーバラだったの!やがて、この事実が二人の関係に微妙な影を落としはじめた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作のあと単行本も執筆している。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ずっと愛した人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ライラにとってトムは本当に特別な人だった。トムにとっても同じで、幼なじみの二人は恋人同士になった。だが、飲んだくれの粗暴な父親と掘っ建て小屋に暮らすトムと、川をはさんで向かい側の、立派な屋敷の一人娘ライラとでは生活があまりに違いすぎ、別れは、避けられないことだった。十五年後、病院で働いているライラは、大怪我を負い入院したロデオ・カウボーイが、忘れもしないトムだと知って驚いた。瀕死の彼との再会だけでも動揺したライラだが、トムの幼い娘が弟と二人だけで、父親が入院している病院近くに何日も身をひそめていたのを発見し、ショックを受けた。トムの娘は、まるで体中からとげを出しているようにかたくなで、必死に一人で小さい弟を守ろうとしている。あどけない弟のほうも、母親についてきかれるとひどくおびえる。二人を家に連れ帰ったが、ライラは謎に包まれ、途方に暮れた。

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

ooo千葉のちょっといい景色ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo 下町感溢れる足立区を調べるooo 家電、AV機器.コレクションooo ジューシーな肉料理ooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo カレー大好きキレンジャー!ooo フード、ドリンク.コレクションooo 山手線エリア~銭湯~ooo 将棋好き好き@千葉ooo もっと知りたい!練馬区ooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo 千葉とんかつooo 葛飾区を知れ!ooo 千葉の道の駅ooo GOGO!江戸川区!ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo